ケミカルピーリング種類

ケミカルピーリング種類

ケミカルピーリングは使う薬剤もいろいろな種類があります。現時点で、国内でよく使われているケミカルピーリングの薬剤はBHAとAHAだといいます。ケミカルピーリングに用いる物質の1つにフルーツ酸というものがあります。

 

AHAと表記され、りんごやみかんから抽出することができます。皮膚にかかる負荷が少なく、ケミカルピーリングができることがフルーツ酸の利点です。ケミカルピーリングの他にも、ローションや石鹸などにも使われているので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。BHAはサリチル酸とも呼ばれており、ケミカルピーリングによく用いられています。

 

皮脂に似た成分の為、ニキビ治療などにもよく使われています。BHAは、ケミカルピーリングにとても適した成分だとされています。ケミカルピーリングの効果は高い反面、刺激に弱い肌を傷めてしまうリスクがあったため、日本で使われることは滅多にない成分でした。

 

この頃は肌を傷めないBHAが登場していますので、肌トラブルに陥ることなくケミカルピーリングがてきます。

 

2つの他にも、ケミカルピーリング用として利用される薬剤は、いろいろとあります。ケミカルピーリングを行う整形外科や皮膚科によって、チョイスする薬液は異なりますので、どの薬液によるケミカルピーリングがいいかも医療機関選びのポイントになることでしょう。